2020年12月27日日曜日

コロナ禍のクリスマス

2020年の静かなクリスマス


当院のクリスマスは例年通り、野性感たっぷりのクリスマスリースと

トンネルの木のブリキサンタがお出迎え。





今年は、名古屋市立大学鈴木研究室から届いたヘルスケアアートのプロジェクト

「マスキングテープのクリスマスツリー」も加わり、新しい賑わい。




本来はスタッフや患者さんとともにツリーのパーツを壁に貼り付けて組み立て、

オーナメントシールを貼っていく過程を楽しむところにこのプロジェクトの醍醐味が

あるのだと思いますが、今回は残念ながら保育士オンリーの設置作業。。

ありがたいことにこのツリーセットを二ついただいたので、まず一つ目をキッズスペースへ。



凹凸のある壁紙がマスキングテープによくなかったのか、子供達が遊ぶ高さにテープがあったからか

テープのツリーはあっという間に剥がれ一週間で無残な姿に、、

二度目のツリーはこれら反省を踏まえ、一番適切な場所はどこかとクリニック中探し回ったところ、最終的にたどり着いたクリニックのエントランス外へ。



当院では「お熱や感染症の患者さんは個室もしくはお車での待機」を徹底しているため、

キッズスペース以外でお待ちいただいていた一部の患者さんからテープツリーを見られなかった〜、、というお声もいただき、二つ目は皆の目に届く正面玄関のガラスに決定!


テープをガラスの外にはると、内側からは色なしの形が見えるだけになるのかな?と少し心配していたのですが、実際は全く心配なし!

むしろその薄い色付きシルエットが美しく、陽の光で床にできたツリーの影に戯れる

子どもの姿も見られたりして、ひそかに心なごむひと時をもらいました。

(写真は夕方の写真なのでツリーの影がないのが残念です😔)






長い時間コロナとの戦いが続いていています。

みなさん、お元気でしょうか?

自由には出歩けず友人にも会えず、アルコール消毒漬けで手指は荒れ荒れ💦これは私個人の悩みで恐縮ですが、多くの人たちがこのコロナ禍の中、悩みや不安を持って戦っているのだと考えると、悲しいのと同時に連帯感も感じます。



先日、おつかれの母にフェイスマッサージをしてあげようと張り切ってモミモミしてみたら、「イテテッ 痛いからやめて~」とお断りされました。

かなりトゲトゲの指だった模様です。ごめんなさい😓




来年はきっと、楽しい明るい希望の年となりますように。切に願ってやみません。

どうぞよいお年をお迎えください🍀

2020年8月31日月曜日

七夕短冊🎋お焚き上げ

今年の七夕は保育士特製の短冊(疫病退散の妖怪”アマビエハンコつき!)みんなの願い事を書いてもらいました。



短冊は約1ヶ月にわたり”トンネルの木”に掲載後、群馬県は山名八幡宮 ー安産・子育ての宮ー にてお焚き上げをお願いしました。[山名八幡宮:https://yamana8.net ]

先日神社から「お焚き上げ証明書」をいただきましたのでご報告です。




全部で132枚、大人も子供も思い思いの願いを綴ってくれて、このコロナ禍の中

トンネルの木がちょっとしたオアシスのように感じられた期間でした。

心に留めておきたいような優しさのこもった願いや思わず笑みの溢れる願いなど

実に様々な短冊がありました。

今回はその中の一部を紹介できればと思います。



やはりいちばん多かったのは新型コロナウィルスのこと。


「コロナが早くおわってほしい」

「マスクがいやだからコロナがなくなってほしい」

「平和なときにもどりますように」

「かぞくがコロナにならないように」


大きな変化の中で生活する子供たちの思いと切なる願いが感じられる言葉がたくさんありました。

「コロナの薬ができて みんながしあわせにくらせますように」

「はやく おじいちゃん おばあちゃんにあえますように」

「りょこうに いけますように」



一方で思わず頬がゆるむようなこんな願い事も


「早く大人の歯が生えてきますように」

「お金持ちになりますように」

「プリキュアになれますように」

「アンパンマンにあいたい」

「ポケモントレーナーになれますように」


「ユーチューバーになりたい」

なんていうネット時代を感じさせる願い事もありました。



🎥 詳細は やまかわこどもクリニックInstagramでも

https://www.instagram.com/tv/CDWLCN7DnSY/?utm_source=ig_web_button_share_sheet




コロナ禍と言われ始めてからもう半年ほどでしょうか。

当クリニックの日常にも変化がたくさんありました。

受付のアクリル板、検温用のサーマルカメラやスタッフのフェイスシールド姿。

何より電話診察・オンライン診察が増えて、子供たちの来院がずいぶん減りました。

入れ替わり立ち替わり子供たちが遊んでいたキッズスペースの日常がずいぶん昔のことのように感じられます。


マスクにフェイスシールドをつけて、ひっきりなしに換気をしたり消毒をしたり

最近はほぼ掃除のおばさん状態の保育士ですが、それでも日々子供たちの笑顔や

楽しいおしゃべりに、保育士という仕事の幸せを余計にありがたく感じています。



どうか子どもたちの子供時代がコロナに負けない想像力と創造力で、より楽しいものになりますように!

2020年6月10日水曜日

スタッフおすすめ絵本📚

小学校や幼稚園・保育園も再開されましたが、これからもしばらくは
おうち時間を楽しむ時間が続きそうな気配です。
この機会に子供たちに楽しんでもらえるような、
元気のでそうなオススメ絵本をご紹介していけたらと思います。


これまでは保育士からのおすすめ絵本を紹介してきましたが、
当クリニックには他にも、院長をはじめとした絵本ファンがたくさんいます。
院内の本棚には院長・副院長のおすすめ本にPOPをつけてありますが、
実は中にこっそりスタッフ(受付さんや看護師さん)のおすすめ本も


今回の絵本は受付スタッフが子供の頃好きだったもの。

「ぐるんぱのようちえん 
 /西内 ミナミ さく/堀内 誠一 え」



55年も前に出版された絵本だそうですが、堀内誠一さんの温かみあるイキイキした画は新鮮で、色あせることがありません。細部まで想像力あふれる楽しい絵は大人も子供も楽しませてくれること請け合いです。

ひとりぼっちだったぐるんぱ、
外の世界に出かけて行ってはじめての仕事
いつも一生懸命のぐるんぱですが、なかなかうまくいきません。
諦めかけたぐるんぱが
最後に見つけたぴったりの仕事とは、、


以下ネタバレあらすじ--------------
ひとりぼっちのゾウのぐるんぱ。
はじめて出会った新しい外の世界。
がんばってはたらいてみるけれど失敗ばかり。
みんな最後にこう言います
「もう けっこう!」

しょんぼり涙がこぼれそうなぐるんぱが出会ったのは
子だくさんのお母さん。
12人の子供たちの洗濯におおわらわのお母さん
「こどもたちと あそんでやってくださいな」

ぐるんぱの作った特大ピアノに腰掛けて、
子どもたちはぐるんぱの歌に大喜び!
ぐるんぱの作った大きすぎるクッキーはみんなで分け分け。
ぐるんぱの作った特大靴でかくれんぼ。
特大お皿は水を入れてこどもたちのプールに。

そしてあっという間にぐるんぱのようちえんの出来上がり!
------------------------------------------


一生懸命やっていればどんな失敗も今に生かされていくもの、、
失敗を恐れず、そして失敗にめげることなく頑張って仕事しよう。。
なんて大人にも通ずる教訓までいただいてしまいました。
絵本って奥深い読みものです。

2020年5月29日金曜日

待合スペースの感染予防対策について

コロナ禍の中で、日常的な生活様式を見直すことが求められています。
我々も患者さまとスタッフを守るため、どのような体制を作っていくのが良いのか、日々 皆で試行錯誤をしています。

待合スペースはできるだけ距離を保った動線を確保するために、家具の配置をかえ、
遊びマットスペースを分割したり、おもちゃを大幅に減らしたりと大幅な模様替えを行いました。







特におもちゃ、本類は常駐の保育士による徹底した衛生管理を行っています。
プラレールやブロックなどの細かいフォローが難しいおもちゃはお休みに。

テラスの滑り台は今まで通りお使いいただけますが、
常に消毒された状態で遊んでいただくため、使用の際は念のためお声がけいただいております。(滑り台を含め当院のおもちゃ類は頻回な消毒を行っております。)



ただし最近は日差しが強く、滑り台も熱くなっていることがありますので
使用の際には保護者の方はどうぞ気をつけてあげてください。

2020年4月6日月曜日

春ですね🌸

今年はクリニックに桜の花がとどきました。





桜の花はマスキングテープのシールでできていて、枝シールと花シールをばらばらに
壁に貼り付けられる優れもの。
院内壁を彩る動物や魚たちのイラストを描いてくれた名古屋市立大学鈴木研究室の
新しいヘルスケアアートプロジェクトだそうです。
マスキングテープなだけにこの一週間の間でだんだん剥がれてきて花シールが床に
ハラリと落ちていたり、なかなかの趣です。
コロナウイルスの影響で本物のお花見がままならない状況なだけに、室内の桜たちは
期待以上に私たちの癒しとなり楽しませてくれています。


新学期の季節になり、本物の桜も今満開の美しさです。
コロナ関連のニュースばかりで心晴れない日々ですが、今年もいつもとかわらず
咲いてくれている桜たちを心からありがたく感じずにいられません。









2019年12月31日火曜日

大晦日

3回目の年末を迎えました。
かわいい子供たちに囲まれて、毎日盛りだくさん😊✨あっという間の1年でした。


待合スペースやキッズスペースでは、患者さんご家族の交流場面がたくさんみられます。
同じ幼稚園や保育園のお友達同士はもちろん、近い月齢のお子さんを持つお母さん同士が
初対面で意気投合して話されていたり、
お子さんの乳児時期の知り合いに偶然再会した方々が近況を語り合ったり。
子供たち同士も嬉しそうに打ち解けていたり、恥ずかしがって知らんぷりをしたり
様々な反応を見せていてとっても微笑ましいです。

「病気のお子さんや日々の子育てに奮闘しているご家族の心の拠り所となること」
は当院前身の山川小児科医院時代から変わらず持ち続けているポリシーです。
こんな風にりんごの病院もだんだんと地域に馴染んでこれているかな~と思うと
うれしくなります。

家事に 子育てに お仕事にと、二重にも三重にも忙しいお母さんたちは
日常の中で、ゆっくりひとと話す余裕がないということがあるかもしれません。
患者さんの憩いの場としても有効活用いただけるように、これからもしっかり
アシストできたらと思います。
とはいえ実際のところアシストのはずが果たしてお役に立てたか疑問、、
いやむしろお邪魔だった?ということもあり、まだまだ反省の多い私です。


日々一喜一憂している間に子供たちはあっという間に成長して
次に会う時にまったく別の顔をみせてくれたりもするので、うれしびっくりも
たくさんあります。

病院を訪れる子供たちは最初、馴染みのない医療空間に足を踏み入れて、
緊張したり怖がったり、、
いつもとは全く違う表情を見せていることも多いのではないかと思います。
保育士とはいえ病院にいるマスクをつけたおばさん、、怖く感じて萎縮するのも当然です。

ところが「断固拒否です」という雰囲気を漂わせていた子供さんからもときどき
思わぬ笑顔のご褒美がもらえることがあります。
そっとしておこうというときももちろんあるのですが、やっぱりどんな形でも
話しかけることはきっと大事なんだと感じています。
子どもは大人をよく見ているので、こちらが本気でわかろうとしなければ本当にわからない、、偏見のないまっさらな気持ちでこどもと接することが大事なのかなと難しさとともに実感しています。

前は顔を見るたびに泣いてお母さんにしがみついていた子も、だんだんと慣れてきてくれて
今はクリニックにつくなり走ってきて「先生今日はコレがやりたい。アレとって!」と
楽しげに話しかけてくれるのが本当にうれしいです。

今年も子供たちから絵や手紙や言葉や笑顔のたくさんのご褒美をもらいました。
うれしい宝物です。ありがとうございます!


来年も何卒、よろしくお願いいたします🍎
それではみなさま よいお年を。

2019年5月6日月曜日

りんごの病院の「木のトンネル」について

前回の投稿から西暦も元号も変わってしまいましたが、、😳
改めて令和元年おめでとうございます!⛩


さて、今回は当院のキッズスペースと待合スペースの間にある「木のトンネル」の
ご紹介をしたいと思います。



23歳くらいの子がちょうど通れるようなとても小さいトンネルですが、診察室へ呼ばれたとき・戻ってきたとき・診察が終わってお家へ帰るとき、
大きい子も小さい子も楽しそうにトンネルを通って行きます。
時にはトンネルの向こう側のお母さんといないいないばあ〜をして遊んだり、
トンネルの中からじーっとキッズスペースを観察している子がいたりと、かくれんぼのスペースにもちょうど良いようです。


裏話になりますが、
当院をリノベーションした際、キッズスペースと待合スペースの間に耐震構造上、必要不可欠な柱が2本ありました。
2本並んでいるとどうしても視界を遮ってしまい、残念な柱だな~ということで
建築士さんが考えてくださったアイデアが「木のトンネル」でした。
2本の柱の周りを板でぐるっと覆い、枝をつけ、真ん中の隙間にトンネルを作って、
板にはお城の壁にも使われる漆喰をキレイに塗って仕上げてもらいました。
漆喰が塗ってあるせいか、夏もヒンヤリ気持ちの良い感触です。


元々は残念な存在だった2本の柱がなければ「木のトンネル」は生まれなかったかも
と思うと、アイデア次第でガラッと空間を作り変えることができるんだな~と
楽しくなってしまいます
しかもこの「木のトンネル」、ハロウィンやクリスマスなどイベントの時には枝に色んなものをぶら下げて飾り付けができるのでとっても便利。
写真は先日のこどもの日バージョンです。(ミニミニの鯉のぼりでわかりにくいですが、、)



そして実は、大人だってちょっと頑張れば(多分)通れる「木のトンネル」。ぜひ一度お子さんと一緒に試してみてください。